工務店ブログは本当に有効か。集客の意味はき違えてない?

今、このブログをご覧の工務店経営者さま。
きっと集客について悩まれるなかでブログ集客に関心を持ち、リサーチしている最中なのだとお見受けします。
実際にマーケティング会社のホームページやブログを見ると、ブログは自社ホームページのアクセスを増やすうえで非常に有効であると書かれたものが多いです。

しかし、本当にそうなのでしょうか?
それは、特定のエリア内で営業している工務店に関しても、言えることなのでしょうか?

個人的には、地域に特化した工務店であってもブログでの集客は有効だと考えています。
ただし、ここで私が言う『集客』は、あなたの思う『集客』と少し違っているかもしれません。
今日は、そんなブログ集客の考え方についてお伝えしていこうと思います。

工務店がブログで集客することは可能なのか?

結論から申し上げると、工務店の集客にブログは有効です。
ただし、あなたの思う『集客』に対して即効性を発揮するかどうかは、また別の話。
『集客』をどのような意味で使っているのか。あなたがブログに何を求めているのか。
まずは、そこを明らかにしておく必要がありそうです。

ホームページへ流入させる『集客』

これまで住宅業界では、接触した見込み客のうち成約率は10%程度が標準だといわれてきました。
10組と商談をして、1組が契約。そもそも商談へ持ち込むこと自体も容易ではないため、まずは大量の見込み客を集める必要がありました。
その視点でいけば“ホームページのアクセスを集める=集客”となります。

web集客について調べたことのある人なら、きっと一度くらい、
「ブログを書けば、SEO対策になるので集客できる」
と、どこかで見たり聞いたりしたことがあるでしょう。
SEO対策というのは、GoogleやYahoo!などの検索エンジンで上位に表示させるための対策のこと。
確かに、ブログをうまく活用することで自然検索による流入を増やすことは可能です。
ただし、住宅業界に関しては、この流入がコンバージョン(メールや電話での問い合わせ、住宅イベントへの来場予約など)に結びつきにくいというのが難点。

仮に、家づくりのお金のこと、建物の性能のことなど、わからないことを調べていくうちに自社のブログにたどり着いた人がいたとします。
しかし、そのようにして自社のブログにたどり着いた人は、必ずしも自社の施工エリア内に住む人ではないはずです。
むしろ、縁もゆかりもない県外から検索して入ってくる人がほとんどではないでしょうか?

商談件数を増加させる『集客』

もう1つ、自社ホームページを訪れた見込み客に問い合わせや来場予約など何らかのアクションを起こしてもらうことを『集客』という場合もあります。
見込み客と実際に接触する=集客”というわけですね。
工務店ブログの場合は単純なアクセス流入よりも、むしろこちらの意味での『集客』に効果を発揮します。
いくらホームページのアクセスが増えたからといっても、自社の家に興味を持ってもらえず離脱されてしまったのでは、『集客』とはいえませんから。

大切なのは、アクセスした人の興味を引き、御社のファンをつくることです。
ファンになってもらうことができれば、『問い合わせ』→『来社』→『商談』という一連の流れが、今とは比べものにならないほどスムーズに進むようになります。結果的に商談件数が増え、さらには成約率もUP
つまり、10%程度といわれてきた成約率を20%、30%と高めていくことが、ブログの役割なのです。

ブログでアクセスを増やすことはできないのか?

成約率を高めるのがブログの役割。
そうはいっても、現実的にはホームページのアクセスを増やすことも大きな課題の1つです。アクセスがなければ、問い合わせを獲得することもできませんから。

工務店が質のよいアクセスを増やすためには、“地域+工務店”とか“地域+高気密高断熱の家”など、自社のターゲット層に対して訴求していく必要があります。
しかし、実際に上位に表示されているのは、ブログを頑張っている工務店ばかりではありません。むしろ、そうでない工務店の方が多いはずです。

それでは、ターゲット層のアクセスを集めるにはどうすればよいのでしょうか?

SEOに強いホームページを作る

上位表示を狙ってホームページのアクセスを増やすには、きちんとSEO対策のされたホームページをつくる必要があります。
サイト構造やコンテンツの内容など、しっかりとつくり込むことで検索に対し確実にヒットするようになります。

ただし、SEO対策に強いホームページ制作会社に依頼をすると、価格も数百万円とかなり高額になります。
現時点でそこまで資金を注ぎ込めないという場合には、SEOに強いテンプレートを使ってホームページを作るという方法もありますのでご相談ください。

web広告でアクセスを増やす

リスティング広告やディスプレイ広告、Instagram広告など、web広告を出稿することで見込み客の目に触れやすくします。毎月3万円でもよいので予算を設定し、ターゲット層の流入を確実に増やしていきましょう。

ホームページはデザインにお金をかけたからといって、必ずしも狙ったキーワードで1位に表示されるとは限りません。
そういう意味では、web広告配信は確実にターゲットに働きかけることのできる、認知向上にとても効果的な方法だといえるでしょう。

質のよいコンテンツを量産する

ここで、ついにブログの登場です。
先にもお伝えしたように、ブログを書くだけではターゲット層の流入を狙うことはできません。
ただし、見込み客にとって役立つ記事、専門性が高く質のよい記事を長期にわたって量産し続けることで、ドメインパワーが上がります
ドメインパワーは検索エンジンからの信頼性を意味し、ドメインパワーが高いほど検索で上位表示されやすくなります

即効性を狙うのではなく、長期的な施策・補助的な役割として根気よく続けていきましょう。

他社がやっていないからこそブログ集客は効果的

手間暇かかるし、効果が出るまでに時間もかかる。
ブログ運用のための人材を雇用したり、プロのライターに依頼したりとなると、費用もかかる。
それだけに“質の高い記事”を“書き続ける”という行為は、どこの工務店もなかなかできることではありません。

だからこそ、数年後に結果がついてくるのです。

上位表示されている工務店のホームページにブログを頑張っている工務店がいないのは、そもそもブログを頑張れている工務店がない、質のよい記事を書けている工務店がないというのが大きいのではないでしょうか。
そこにきっと、あなたの会社の入り込む隙があるはずです。

ブログ集客で『流入』『商談件数』増を!

工務店の集客の悩みは、ブログで解決できる。
このことは以前にもお伝えしました。

なかでも、今回もっとも強くお伝えしたいのは“継続する”ということの大切さ。
新しい情報を拡散するInstagramやTwitterなどのSNSとは違い、ブログは質のよい情報を蓄積していく場所でもあります。
だから、「効果がないからやめよう」ではなく、とにかく続けることが大切なのです。

カメレオン企画なら、月4万円からのブログ運用が可能。
住宅・建築に特化したライターによるライティングで、質の高い記事づくりと集客に貢献します。

ホームページへの流入増、問い合わせの獲得からの商談増に向けて、私たちと一緒に本格的なブログ運用をスタートしませんか?

*~*°*。*~~*°*。*~~*°*。*~~*

【カメレオン企画】
https://chameleon-project.com/

工務店のweb集客支援
http://chameleon-project.com/lp/