ブログの始め方を指南!工務店マーケティングのススメ

コンテンツマーケティングを実践するうえで、もっとも手っ取り早く、そしてもっとも低コストでスタートできるもの。
それが、ブログを活用したコンテンツマーケティングです。
と、ここまで読んで「そうか! じゃあ、今すぐブログを始めよう!」と、早速、アメブロやはてなブログでアカウントを取得しようとしている人はいませんか?
実践するのは、もう少し先まで読み進めてからにしてください。

ブログをコンテンツマーケティングに活用することは、可能です。
しかし、ブログ=コンテンツマーケティングではありません。

つまり、ブログを書きさえすれば、それがマーケティングとして集客に効果を発揮するわけではないのです。
ブログでコンテンツマーケティングを実践するためには、いくつかの注意点がありますので覚えておいてください。

コンテンツマーケティングとしてのブログ記事

社長が、あるいはスタッフが、なんとなくブログを書いているという工務店は結構あるものです。
内容としては、進捗中の現場の様子を伝えるものや、スタッフの日常を綴った雑記ブログが多いです。
確かに、スタッフの人柄が出るブログは親近感がわきそうですよね。

しかし、本当にそうでしょうか?

雑記(日記)ブログがダメな理由

結論から言うと、雑記(日記)ブログはおすすめしません。
なぜなら、まったく興味のない会社の出来事、興味のない人のプライベートには、誰も関心がないからです。
雑記(日記)ブログによる親近感は、会社やスタッフ個人に興味を持ってもらうことができて初めて、生まれるものと思っておいてください。

もう1つ、雑記ブログをおすすめできない理由は、SEOとしての評価を得にくいというのがあります。
前回の記事でもお伝えしましたが、“コンテンツ”には“価値ある情報”という意味があります。

つまり、コンテンツマーケティングとしてのブログの内容は“価値ある情報”でなければならないのです。
果たして、あなたがどこで何をした、何を食べたという情報に、それだけの価値があるでしょうか?

現場の進捗を伝える記事はどうか

住宅建築にかかわりがあるという意味では、雑記ブログよりは記事としての価値があるといえるでしょう。
しかし、
「今日は〇〇邸新築現場の基礎工事です」
「〇〇邸、上棟しました」
「お客様と一緒にショールームへ行ってきました」
という、進捗をただ報告するだけの記事ではお役立ち記事とはいえません

基礎工事の様子を伝えるなら、基礎の種類とメリット・デメリットまで深堀してみる。
上棟式の様子を伝えるなら、式典を行う理由やお施主さま側で行う準備について触れてみる。
ショールームへ行ったことを伝えるなら、ショールームでのチェックポイントをいくつか挙げておく。

これだけで、記事のお役立ち度はぐっと上がります。

ブログに載せるべき情報とは?

それは、これから家を建てようと思っている人の悩みに答える記事
たとえば、頭金がなくても家を建てられるのかな? と気にしている人なら、“家づくり 頭金”とか“家づくり 資金計画”などと検索するでしょう。
家づくりの手順を知りたい人は、“家づくり 手順”とか“家づくり 流れ”と検索するでしょう。
“家づくり 失敗”とか“家づくり 後悔”といった具合に、あとから後悔しないために先に失敗談を知っておきたいという人もいるでしょう。
“新築 リフォーム”で検索する人は、おそらく建て替えかリフォームかで迷っているのではないでしょうか。
このように、お客さまの悩みや疑問にブログで答えてあげるのです。

「そもそも、お客さまが何に悩んでいるのかわからない」
本当にそうでしょうか?
これまで、御社へ相談に来られたお客さまは、ヒアリングの中でどんな話をされていましたか?
そのお客さまとの会話の中に、ブログのテーマは詰まっているはずです。

目的意識を持ってブログ記事を書くことが大事

コンテンツマーケティングのために自社のブログを書く場合、目的意識がないと、どうしても雑記ブログになってしまいがちです。
では、具体的にどのような目的のもとに記事を書けばよいのか、お伝えしていきましょう。

認知度を高める

SEOを意識した文章で、自然検索による流入を図ります
そのためには記事の構成やタイトル・見出し・本文に織り込むキーワード選びなどをしっかり吟味しなければなりません。
この辺りは独学で勉強するか、コンテンツSEOのプロに相談することをおすすめします。
とくに工務店はエリア限定で仕事をしている会社が大半ですから、地名の入る記事が理想ですね。

自社のファンをつくる

お役立ち情報にコンセプトを織り交ぜた記事を継続的に発信していくことで、自社のブランド力を高めます
競合他社のどこよりもくわしく、わかりやすく、お客さまのためになる内容。建物の品質のよさや、スタッフの皆さんの家づくりへの想いが伝わる記事。
お役立ち記事やコンセプト記事の中で社内の雰囲気のよさを匂わせることができれば、より好感度はUPします。

コンバージョンにつなげる

ただ役に立つ記事があるだけでは、読んで満足して帰ってしまう人が大半です。
大切なのは、「当社ならどうなのか」「当社ではどういう対応をしているのか」を伝えること。「それなら、この会社にお願いしてみよう」と思ってもらうことです。
すべての記事でなくてもよいので、最後尾に問い合わせや資料請求、イベント案内などのページへ飛べるリンクのある記事を、所々に用意しておくといいですね。

安心感を与える

ホームページを訪れた人が、お役立ち記事や会社の顔が見える内容の記事に安心感を抱くのはもちろんのこと、「きちんと稼働している会社」という印象を与えることも、安心感を与えるうえで重要な要素となります。
2年前、3年前でブログ更新がストップしているという工務店さま。
月に1本でも2本でもかまいませんから、“とにかく更新する”ことを習慣化するようにしてください。

目的意識があれば自然と集客できるブログに育つ

このように、ブログではとにかく“お客さまの喜ぶ情報”を提供することを心がけてください。
そうすることで必然的に検索エンジンからの評価も高まり、上位表示されやすくなるでしょう。
どんなテクニックよりも、大切なのは“伝える力”なのです。

ブログの運用にはWordPressがおすすめ

絶対にダメ!
というわけではありませんが、ブログを書くのにアメブロやはてなブログなどの無料ブログサービスを利用するのはやめておきましょう。
それではどうするのかというと、自社のレンタルサーバーにWordPressをインストールして、ブログを構築します。

WordPressというのは、難しいプログラミングの知識がなくてもホームページを構築できるシステムのこと。
WordPress自体がSEOに強い構造をしているのに加え、ホームページは記事の質だけでなく記事の量によっても検索エンジンからの評価が上がります
だから、外部のサービスで記事を量産するよりも、自社のドメインで記事を量産した方が、上位表示をしやすくなるのです。

コンテンツマーケティングのプロの支援も視野に

ブログを活用したコンテンツマーケティングは、うまく運用できれば集客に大きな効果を発揮します。
まずは日記や雑記ブログを中断し、今すぐ、

・お役立ち記事
・コンセプト記事

を中心としたテーマ展開に方向転換を図りましょう。
難しいのテーマ選びは、お客さまとの打ち合わせを思い出しながら、家を建てる人の悩みをリストアップしてみてください。

【カメレオン企画】では建築設計や住宅営業経験をもつ専門ライターが、経験に基づいたテーマ選びで良質な記事をお届けしています。
テーマ選びやSEOに悩んだときは、ぜひご相談ください! 競合他社に負けないブログ運用で、成約までのお手伝いをいたします。

*~*°*。*~~*°*。*~~*°*。*~~*

【カメレオン企画】
https://chameleon-project.com/

工務店のweb集客支援
http://chameleon-project.com/lp/